マガジンのカバー画像

学びの変革への挑戦 特別支援学校 編

134
福島県では、共生社会の実現に向け、地域と学校との連携を進め、障がいのある子どもたちが就学前から卒業後まで切れ目なく、地域で共に学び、共に生きることのできる特別支援教育の充実を進め…
運営しているクリエイター

記事一覧

🌈8/22開催🌈不登校の子どもの多様性を力に変える【特別支援教育セミナー】(地域…

みなさんの周りには「学校に通いたくても通えない」子どもは いませんか?  近年、「学校に…

【つなぐ・むすぶ・わたす】~地域支援センター特別支援教育研修会~(福島県立あぶく…

 特別支援教育に携わっていると、校内外における支援会議や保護者等との懇談において、様々な…

第12回特別支援学校作業技能大会  7月31日(水) 9:30~15:30ビッグ…

 本大会は、県内の特別支援学校高等部の生徒が一堂に会して学習の成果を発表し、外部専門家か…

★YouTube★「【360°動画】僕たちと一緒に浪江町立請戸小学校を見てまわろう」公開📹…

令和4年度の中学部修学旅行で、浪江町立請戸小学校を見学してきました。 津波に襲われ破壊さ…

【ICT of 竹田校】竹田校のICT活用事例を紹介!#2

 竹田校では、生徒が『わかった』『できた』と感じることのできるような授業を目指して、 各…

竹田綜合病院×会津支援学校竹田校 『あいづっこ相談』スタート!

 はじめまして!『地域支援センターあいづっこ』です🌸  『地域支援センターあいづっこ』は…

国語『桐寿苑のみなさんに福島県立博物館を紹介しよう』

 中学部2学年の国語の授業では、生徒が自分の考えを分かりやすく伝えるために表現を工夫したり、相手の話を聞いて自分の考えを広げたりする力を育むために、福島県立博物館と連携して学習に取り組んでいます。  3学期は、会津三島町にある特別養護老人ホーム『桐寿苑』に入所しているみなさんに、福島県立博物館の特集展『古い道具と昔のくらし』をDouble3というロボットを用いて紹介しました。 福島県立博物館の学芸員さんと打ち合わせ  まずは、学芸員の西尾さんと展示品の紹介方法について打

ありがとうを伝えよう!(YouTube)

 3月9日「サンキューの日」に合わせて、普段はなかなか言えない感謝の気持ちを伝えてもらいま…

木工製品を寄贈しました

 高等部情報工業科では、旋盤やフライス盤、溶接などの金属加工の他、木材加工や製図、CAD…

小学部集会 たまっ子タイム

 本年度最後となる小学部集会たまっ子タイムが行われました。1・2年生の音楽の発表や、放射…

竹田校ICTマスターへの道⑥『テレプレゼンスアバターロボットを使ってみよう!』

 竹田校では、校内研修の一環として、教員一人一人のICT活用能力の向上を目指すべく、基礎的…

令和5年度「福島県学術教育振興財団助成事業」研究成果報告会

本校は「福島県学術教育振興財団」の助成を受けて次のような研究に取り組んでいます。 令和6…

田村市役所で「カフェ&製品販売会」を開催!

 2月20日(火)、田村市役所において高等部総合サービス班と家庭班の販売会を開催しました…

福島藝術計画成果展(福島県立博物館との連携事業)

福島県立博物館との連携事業で、高等部職業の学習で行っている作業班で、陶芸班・手工芸班・リサイクル班が喜多方市の染型紙「会津型」の歴史を学び、製品づくりのアイディアや新たなものづくりに挑戦したワークショップ「くるくるとんとん会津型」 「会津型」のワークショップでは、博物館、喜多方市の皆様にご協力いただき、伝統的な染型紙を使っての型染め、伝統的な「会津型」デザインの型彫りを行いました。また、自分たちでオリジナルデザインを考えることにも挑戦しました。 「会津型」でデザインしたリ